第一信用総合調査 詐欺被害情報通信は、最新の詐欺被害情報を共有し、解決に役立てるための無料口コミ投稿サイトです。

ひとりで悩まずご相談ください。
その業者掲載されていませんか?まずはフリーワード検索

06-7167-4591 0671674591 架空請求 迷惑メール 詐欺

運営業者

アマゾンペイメント相談係

電話番号 06-7167-4591 / 0671674591

メールやはがき等を利用し金銭の支払い義務が発生しているような錯誤を生む文面で、訴訟、裁判、法的手続き、強制執行、最終通告、身辺調査など一般の人が聞いたら怖い言葉を使い、メールやはがきが届いた人に連絡させ、その人の個人情報や、金銭を騙し取るという相談が急増しております。
自分に詐欺のような災難が降りかかるはずがないと思っている方もいらっしゃるとは思いますが、架空請求詐欺は誰もが簡単に降りかかる可能性がある詐欺です。
くれぐれもご注意ください!

 

アマゾンペイメント相談係/06-7167-4591 / 0671674591が送りつけてきたメールを記載します。

——————-本文はじめ——————

有料動画の未納料金が発生しております。本日中にご連絡無き場合、法的手続きに移行致します。アマゾンペイメント相談係06-7167-4591

——————-本文おわり——————

 

※ショートメール・メッセージで送られてきた場合、不特定多数の人間に送っているので、ショートメール・メッセージが届いただけで個人情報が詐欺師に把握されているわけではありません。絶対に連絡は取らないようにして下さい!!

 

架空請求の特徴

突然きたメールなのに「最終通告」と載っている。
個人情報を知っているかのように振舞っている。
「期限が過ぎている」や大至急など焦らせるような文面になっている。
債権管理回収会社から携帯にメールで請求メールが届いた。
弁護士や司法書士、調査会社から携帯にメールで勧告文書が届いた。
給料の差し押さえや、財産を差し押さえるという内容
「裁判になる」「訴訟」「法的手続き」等の内容
「ブラックリストに登録される」という内容
「身内に第三者弁済をしてもらう」という内容

 

有名動画サイト等の名称を騙って、メールの記載番号に連絡させる手口が横行しています。

・DMM

・xvideos

・fc2

・amazon等

・「○○料金センター」「○○相談窓口」等

このような名称を騙り、怖がらせる文面で、メールの記載番号に電話を掛けさせ、個人情報や金銭を騙し取るという手口です。

 

架空請求の対処法

身に覚えのない請求メールがきても連絡を取らないようにご注意してください。

一番の対処は、無視することです。

怖くなり確認のためや、支払う意思が無い事を伝えるために、一度でも連絡してしまうと、電話番号が知られてしまいますし、架空請求業者は、言葉巧みに個人情報を聞き出します。

 

もし、メールが来て不安連絡してしまった個人情報を教えてしまった請求に応じてしまった、などの場合はすぐにご相談下さい。

 

実在する同名の会社、団体、業者、個人とは関係ありません。

実在する団体等を名乗っているケースも考えられます。
当サイトは情報共有、注意喚起を目的としております。
掲載されたすべての会社を詐欺と断定している訳ではございません。

無料相談する

第一信用総合調査

株式会社 第一信用総合調査

届出番号:東京都公安委員会 探偵業届出証明番号 第30120079号

対応エリア:全国  |  Webサイト:http://first-csi.com/

完全無料相談(24時間受付中お気軽にご相談ください)

詐欺被害のご相談や調査に関するお問い合わせはこちら

03-5733-6891(代表)

メールでのご相談はこちら

口コミ情報を投稿する

PAGE TOP